検討中 0 閲覧履歴 0

タクシー運転手への転職は失敗を感じやすい?原因や向き不向きからタクシー会社の選び方を解説
  1. タクQトップ
  2. タクシー運転手への転職は失敗を感じやすい?原因や向き不向きからタクシー会社の選び方を解説
2021.10.25 最終更新
タクシー運転手への転職は失敗を感じやすい?原因や向き不向きからタクシー会社の選び方を解説

 

タクシー運転手への転職を検討して情報収集する中で、転職したことが失敗だったという意見を見ると、不安になると思います。

しかし、タクシー運転手へ転職した後に感じる失敗にはタクシー会社を選ぶ段階から間違っている可能性があり、その原因を理解した上で会社選びができれば、自分に合った環境での仕事も可能です。

そこでこの記事では、タクシー運転手に転職したことで感じた失敗から、その原因や向き不向きを確認して、より良い会社選びができるような情報をまとめていきます。

タクシー運転手へ転職して失敗だと感じてしまった瞬間一覧




 


失敗だと感じてしまう瞬間には、転職前に聞いていた話や描いていた理想と違ったり、タクシー運転手特有のミスやトラブルに遭遇したりと、様々なものがあります。

その中でタクシー運転手が経験しやすい失敗を一覧として見ていきましょう。

給料があまり稼げない


タクシー運転手に転職を決めるきっかけとして、前職よりも給料を稼ぎたかったという理由を挙げる人は多くいます。

実際、タクシーは乗車するお客さんの人数や走行距離を考えながら計画的に行動することで、高い給料の実現が可能な職業です。

しかし、それを実現しようにも他の失敗が重なったり、自分の体力の問題があったりすると、思うように給料が稼げないこともあります。

タクシー運転手は前評判として稼ぎやすいと聞く人もいるかもしれませんが、いきなり転職してすぐに稼げる仕事ではないということです。

休日がしっかり取れない


タクシー運転手の前評判の中には、休日が多いことや休日の間は仕事を気にせずに休めることがあり、この休日の面に魅力を感じて転職を決める人もいるものです。

しかし、実際に働いてみると、休日がしっかり取れなかったという声が一定数あり、それが失敗と感じてしまう部分になっています。

元々タクシーは年中無休で営業することから連休等は期待できないと考える人もいますが、その上で普段の休日が取りづらいこともあります。

お客さんの応対が難しい/クレームにストレスが貯まる


タクシー運転手として働くと必ず発生するのはお客さんとのやり取りですが、喋りに関するルールは存在しません。

そのため、喋るのが好きな人であれば運転中も常に喋るやり方、あまり喋りたくない人であれば乗車時の目的地と降車時の会計以外は喋らない方法も選べます。

しかし、どちらのやり方でも応対が難しいと感じる場合があり、たとえば親切心から喋りかけたつもりでも、お客さんにうるさいと言われてしまうこともありえます。

また、お客さんによっては何かにつけてクレームを付ける人もいるため、それが積み重なるとストレスが貯まりやすくなってしまいます。

特にタクシーは酔っ払いが利用することもあり、タクシー会社によってはお客さんに触れられないこともあるため、もしも酔っ払いがタクシーに乗ったまま眠って降車できなくなると、警察を呼ばなければいけません。

このように面倒なクレーマーや酔っ払いを含めてお客さんとの関係で起こるトラブルやミスから転職が失敗だったと感じてしまう人もいます。

上司や同僚との付き合いが思っていたよりもあった


タクシー運転手の仕事は基本的にお客さんを乗せて走行するものであるため、上司や同僚との人付き合いが最低限で済ませられるもので、それを理由に転職を考える人もいます。

ただ、個人タクシーではなく、タクシー会社に転職する場合は上司や同僚にあたる人物がいて、その会社ぐるみで飲み会や接待に付き合わされてしまうことがあったという声も出ています。

休日は確保できても、その日に付き合わされてしまうと前職とさほど変わらない状況になり、そこで失敗を感じてしまう人がいます。

交通違反・交通事故を起こしてしまった


タクシー運転手が常に気を付けなければいけないのは、交通ルールや安全運転に関する部分です。

始めたばかりでは、担当する区域を把握できていなかったり、お客さんの希望によってはあまり土地勘のない場所を走行しなければならなかったりするもので、そのような状況であると事故を起こしてしまう可能性も上がります。

また、土地勘のない場所では一方通行や一時停止などを見落としてしまいがちで、そこで違反になってしまうと、一定の点数で免許停止になってしまうものです。

もしも免許停止になってしまったら、タクシー運転手として働くことは不可能になり、違反や事故による罰金も重なることで多大な負担を負うことになります。

運転するだけだったら前職の通勤でもやっていたと軽く考え、交通違反や交通事故を起こしてしまうと、この道を選んだのが失敗だったと感じる瞬間になるのです。

体を痛めた/体調不良になった


タクシー運転手は座っている時間が圧倒的に長いため、同じ姿勢が続くことで腰や肩を痛めてしまうことがあります。

他の仕事でも起こり得るものですが、一度運転を始めると体をほぐすタイミングがなく、売り上げを確保するために無理をしてしまうこともあるため、前職ではそのようなことはなかったのにタクシー運転手になってから痛めてしまったという人もいます。

それ以外にも、目の疲れを始めとする体の痛みや体調不良になる人もおり、そこで転職に失敗したと感じてしまう部分です。

タクシー運転手への転職で失敗を感じてしまう原因は?




 


先ほどの項目で紹介した失敗は、タクシー運転手が向いていなかった可能性も考えられますが、その多くはタクシー業界の勤務に関わる部分をしっかり確認できていなかったことが原因になっていることがあります。

ここでは勤務形態やタクシー業界の実態から失敗の原因になるところを見ていきます。

完全歩合制と一部歩合制


タクシー運転手が稼げると言われる理由の一つとして、売り上げを元にして給料が決まる歩合制を採用しているところがあります。

これによって、働いた分だけ給料を稼げるようになっていますが、歩合制にも完全歩合制と一部歩合制の2つがあり、この違いが給料面であまり稼げないと感じる原因になることがあるのです。

完全歩合制はその名の通り、歩合制のみで給料が判断されるので、まさしく働いた分だけ稼げる制度ですが、現実的にはかなり頑張らないと安定して稼げない仕組みと言えます。

また、タクシー会社としてはあまり採用されない方の歩合制であり、全ての会社でそうであるとは言えませんが、全体的な労働環境に問題を抱えている可能性があるので、結果的に稼ぎづらくなってしまうこともあります。

一方、一部歩合制は固定給が設定された上で、そこに売り上げ等の歩合を加えて給料を判断する制度であり、一般的なタクシー会社ではこちらが採用される場合が多いです。

固定給があることで、その月の売り上げがあまり良くなくても一定の給料が保障されるため、安定した稼ぎにはなります。

しかし、働いた分が全て給料に反映されるわけではないため、こちらの歩合制でも思うように稼げないと感じてしまうことはありえます。

この2つの歩合制の仕組みを理解してからタクシー運転手の転職を考えないと、ミスマッチになる可能性があります。

昼夜勤と隔日勤務


タクシー運転手で休日について失敗を感じる原因には勤務形態の違いが影響している可能性があるものです。

タクシー運転手の勤務形態には昼勤と夜勤、その両方を交互にこなしていく昼夜勤に加えて、隔日勤務というやや特殊な形態があります。

隔日勤務は1日(おおよそ20時間)働いた後に翌日休むという働き方であり、1ヶ月で考えると勤務日は15日前後となります。

タクシー運転手において休日が多いとされる言われるのはこの隔日勤務のことを指しており、これ以外の勤務形態を選ぶと、他の仕事とあまり変わらない休日数もしくは少なくなってしまう可能性があるのです。

一方、他の勤務形態についても労働環境が整っているタクシー会社であれば、極端に休日が少なくなることはないため、転職する際に休日を重要視する場合は項目をよく確認しておかなければいけません。

タクシー運転手としての心構え


タクシー運転手のお客さんの応対や上司・同僚との付き合いについては、転職したタクシー会社や担当する区域・時間帯に左右されるところがあるため、給料や休日のように自分で見極めるのは難しい部分です。

ただ、他の仕事と比べると、タクシー運転手のコミュニケーション面におけるストレスはむしろ少ないと感じられるものであり、前職よりもストレスが減ったという感想を抱く人もいます。

その理由の一つとして、タクシーに乗車するお客さんは基本的にその場限りの出会いであり、そこで何らかのミスやトラブルが起こっても一度終われば次の日に持ちこさないで済むメリットがあります。

他の仕事は会社内で同僚や上司にストレスを感じてしまっても簡単に距離を置けるものではありませんが、タクシー運転手とお客さんの関係はすぐに切り離せるので、そういう心構えで仕事をしていくと、ストレスが溜まることはありません。

また、基本的には上司や同僚と会話する機会は少ないことは事実であり、人間関係によるストレスも本来は貯まりづらいものです。

休日に上司や同僚との付き合いが発生してしまうのは会社の雰囲気や個人の性格によるところがあるので、転職前に社風も確認しておくと良いものです。

タクシーの運転に関する会社のサポート


交通違反や交通違反については車を運転する者として当たり前に守るべきものですが、慣れない人やできると思っていた人にとっては、タクシーの運転は勝手が違うものになってきます。

そこでミスマッチを無くすためには給料や休日以上に教育体制にどれだけ力を入れている会社であるかを確認しなければいけません。

多くの会社では転職すると1ヶ月ほどは研修期間となり、その間にタクシー運転手としての運転術や接客を学んでいくものですが、中にはそのようなサポートを行っていない会社もあります。

運転するだけと思ってそのような会社を選んでしまうと、結果的に自分に跳ね返ってきてしまうので、タクシーを運転したことがなければ研修期間がある会社を選びましょう。

そして、ただ研修期間があるだけでなく、その期間中もきちんと給料が保障されていることも重要な項目です。

金額的には売り上げを出していない分、最低金額になってしまうかもしれませんが、研修期間だからといって、全く給料が出ないのはあり得ないことなので、その点についても確認しておきましょう。

教育体制がしっかりあるところでは、自信を持って実際の運転ができるので、交通違反や交通事故についてもより防がれる環境と言えます。

タクシー運転手の体調管理


タクシーの運転に伴う腰や肩の痛み、体調不良についても、業務内容は勤務形態に関わるもので、夜勤や隔日勤務に慣れない間は特に疲労が貯まりがちで、それが体の不調に繋がることがあります。

ただ、タクシー運転手は年齢をあまり問われないことから、中高年から仕事を始める人もおり、年代の人がいきなり違う環境に入ると、体にダメージが現れてしまうケースも考えられます。

そのため、一概にはタクシー運転手になったせいとは言えないところもあるのですが、疲労に蓄積については当然ながらあるもので、こればかりは割り切って考えなければならないとことです。

疲労については全く対策できないわけではなく、たとえば腰や肩の痛みの場合、休憩時間に一旦外へ出てストレッチをすることを心がけたり、肩こりや腰痛を防ぐようなグッズを使ったりなどで、多少は効果を見込めます。

夜勤や隔日勤務になる人は前日の睡眠はしっかり取って、万全の状態で仕事に挑むなど、タクシー運転手として働くことを意識した体調管理を心がけるしかありません。

タクシー運転手に転職を希望する人の向き不向き




仕事には人によって向き不向きがあるのは当然のことで、タクシー運転手でもそれは例外ではありません。

ただ、向き不向きを理解しておくと、仮に不向きな部分があっても意図して改善できることもあるので、ここではタクシー運転手の向き不向きを見ていきましょう。

タクシー運転手に向いている人


タクシー運転手向きである性格や考え方は必須というわけではありませんが、それがあることによって仕事に対してよりやりがいを感じられたり、様々な面で有利に働くことがあります。

長時間の運転が苦に感じない人/同じような作業の繰り返しが得意な人

タクシー運転手は運転が好きであったり、得意と言えたりする人でなければ成り立たないものと思うかもしれませんが、苦手意識がなければそれほど重要視されません。

運転面でタクシー運転手に向いているような人でいえば、好みや技術よりも長時間の運転を苦に感じない人が当てはまります。

タクシーの走行距離はまちまちですが、お客さん一人当たりの距離は短くても1日の内で何回も走行すると長時間の運転になります。

そんな時、長時間の運転を苦に感じない人であれば安全運転が安定するだけでなく、接客態度も疲れを見せずに済むので、タクシー運転手の重要なところにかなり適性が高いと言えます。

また、担当する区域が限られていると、意外に同じ道を走行することになり、運転が作業的になってしまう場合もあるので、同じような作業が得意な人もタクシー運転手に向いている人です。

同じ道で景色が変わらないと眠気や注意力の低下を引き起こして、違反や事故に繋がる可能性もあるので、作業に飽きづらい人は適性が高いと言えます。

計画を考えることが好きな人

給料に関わる部分で紹介したように、タクシー運転手は歩合制が採用されることから、自身の売り上げを伸ばすことで、高い給料が期待できます。

それに関連して、タクシー運転手はこれまでの自分の運転を元にして、計画を考えることが好きな人は向いていると言えます。

業務時間内の動き方の改善やお客さんを拾いやすい場所を把握するなど、様々な視点から情報収集と分析を繰り返すことで、必ず売り上げに反映する形で結果は出てくるものです。

また、休憩や休日を重視したい場合も計画を考え、効率的に行動することによって、無駄を無くしてストレスなく働けるものです。

お客さんを乗せること以外は、ある程度自由にできるタクシーだからこそ、自分で計画を練りやすい環境になっています。

先の項目で紹介したように運転すること自体は単調になってしまうことはありますが、計画性を持たせることでやりがいに繋がることもあります。

タクシー運転手に不向きな人


タクシー運転手に不向きとなる性格や考え方はそれによって致命的に仕事ができなくなるわけではありませんが、ミスマッチに感じる可能性が高い部分になります。

ただ、不向きであるところがわかれば、改善できる可能性が見えたり、仕事をしていくうちに慣れたりするものなので、今当てはまっていても本当にタクシー運転手として働きたい場合は気にし過ぎないようにしましょう。

突発的な事態への対応が苦手である人

乗用車ではなく、タクシードライバーとして運転する時の注意点やお客さんとの接し方、緊急時の対応法といった項目は、タクシー運転手として働く前の研修期間等で、教えて貰えるのが普通です。

しかし、実際に運転していくと、その教えやマニュアル外のことが起こることは珍しくなく、その際は自分自身で臨機応変な対応が必要です。

たとえば、本来は最短となる道が工事中で別の道に変更する時に、どのようなルートで行くのかは、マニュアル対応で何とかなるものではありません。

そのような突発的な事態が起こっても、カーナビの使用やお客さんとの相談などから冷静に対処できれば良いのですが、人によっては苦手に感じられる部分でしょう。

コミュニケーションが極端に苦手である人

タクシー運転手は、上司や同僚との関わりもそれほど多くなく、お客さんとのやり取りも、乗り降りの最低限の部分ができれば良いため、喋りが得意でなくても問題はありません。

しかし、その最低限の部分ができないほどコミュニケーションが苦手である場合は、タクシー運転手に不向きな人になってしまうかもしれません。

乗り降りの際のやり取りだけになることは、そこでの印象がお客さんにとっての全てになるため、無愛想な態度と感じられてしまうと、自分自身だけでなく、所属する会社の評価が下がってしまうことになります。

また、上司や同僚と話すことは絶対に必要というわけではありませんが、先の項目のような突発的な事態を含めて、情報共有しておくことは自分の普段の運転にも役立つものです。

そこを完全に閉ざしてしまうと、長く続けていく上で不利になってしまうこともあります。

転職が失敗にならないようなタクシー会社の選び方とは?



ここまで紹介したタクシー運転手への転職が失敗と感じる項目の多くは、転職先の会社選びの段階から考えることで、防げる可能性が高いものです。

それでは、転職が失敗にならないようにするためにはどのようなことを考えてタクシー会社を選んだら良いのか、見ていきます。

自分が希望する条件をまとめる


まずタクシー会社を見ていく前にやるべきこととして、自分が希望する条件をまとめておくことが重要です。

タクシー運転手として大きな部分は給料と勤務形態になるので、まずはこの2つについて決めておきましょう。

歩合制はどちらかと言えば一部歩合制の方がおすすめですが、これに関しては希望する給料の額によって変わってくるので、具体的な金額を考えておいた方が良いものです。

勤務形態は休日の多さであれば隔日勤務になりますが、特殊な働き方であることは自分以外の家族にも影響を与える可能性があるので、同居の家族と相談すべきところです。

夜勤・昼夜勤についても同様で、給料面では良いのかもしれませんが、自身の体調や同居家族への影響を考慮して、本当に夜勤までする必要があるか判断しましょう。

それ以外の希望については、勤務地や福利厚生の中で外せないものをまとめておくと、次の確認の際にも効率的です。

募集要項や会社情報をしっかり確認する


希望する条件をまとめた上で転職者を募集しているタクシー会社を見ていくことになりますが、募集要項や会社情報は軽く見るのではなく、しっかり確認していきましょう。

給料面についてはどちらの歩合制であるか見た後は、歩合率の設定について確認が必須です。

歩合率が他の会社よりも低いと、頑張って売り上げを出しても反映されないので、似た条件の会社が並んでいて、どちらも好感触である場合は歩合率の高さを優先しても構いません。

また、大手か中小のどちらを選ぶべきかについては、基本的には大手の方が条件面や福利厚生が充実しているので、条件に合っていたら大手の方がおすすめです。

ただし、勤務地について考えると地域密着型の中小の方が働きやすい可能性も出てくるので、主な活動区域などの情報も確認しておきましょう。

人間関係については、募集要項よりも会社の公式サイトの方が読み取れる可能性が高いので、候補が絞れ始めたらその会社のサイトは見ておくようにしましょう。

タクシー専用の転職サイトや転職エージェントを利用する


タクシー運転手の募集要項について大手の転職サイトで探すのも悪くはありませんが、それよりも検索しやすいのはタクシー専用の転職サイトです。

掲載されている求人は全てタクシー運転手の募集であり、条件の絞り方もより詳しく指定できるので、まとめた条件を用いれば効率よく検索ができます。

また、利用に抵抗がない人はタクシー専用の転職エージェントを利用するのも一つの手です。

転職エージェントはキャリアアドバイザーに希望する条件をヒアリングして貰うことで、その条件に合った就職先を紹介してくれるサービスであり、そこから提供される求人には通常の転職サイトには載っていないものもあります。

キャリアアドバイザーには転職に関する悩みや面接に向けた対策などの相談もできるため、転職が完了するまでの流れを全てサポートして貰えます。

失敗を感じないような転職にするために準備を整えてタクシー会社を選んでいこう




タクシー運転手への転職で感じる失敗についてまとめていきます。


  • 失敗を感じた瞬間には給料や休日が聞いていた情報と違うこと、お客さんや上司・同僚との問題、交通違反・交通事故に関することが挙げられる

  • タクシー運転手において給料を決める歩合制の仕組みと労働時間及び休日を決める勤務形態が重要になる

  • 長時間の運転が苦に感じない人や同じような作業の繰り返しが得意な人、計画を考えることが好きな人はタクシー運転手に向いていると言える

  • 突発的な事態への対応が苦手である人やコミュニケーションが極端に苦手である人はタクシー運転手に不向きな可能性がある

  • タクシー会社の選び方は自分が希望する条件をまとめてから歩合率や会社規模に注目して募集要項を見ていくことがおすすめ

  • タクシー専用の転職サイト・転職エージェントを利用すると自分に合った会社がより見つけやすい



タクシー運転手として働いていると、様々な部分でミスマッチが起こって、そのせいで転職を失敗したと感じてしまうこともあります。

その原因についてはタクシー会社を選ぶ段階で、ある程度は解消できるものです。

また、タクシー運転手の向き不向きはあるものですが、不向きな部分については仕事を繰り返していくうちに慣れていく可能性は十分あります。

転職を考え始めてからタクシー会社を選ぶまでの段階でしっかり準備を整えることで、実際に働いていく時のミスマッチは減らせます。

当記事を参考に、しっかりと事前の準備し、自分に合う会社を探してみましょう。

執筆・監修 株式会社しごとウェブ
 タクQ 編集部