検討中 0 閲覧履歴 0

タクシードライバーの求人への応募について
  1. タクQトップ
  2. 東京23区でのタクシー乗務はココが違う!
  3. タクシードライバーの求人への応募について
2020.01.19 最終更新
東京23区でのタクシー乗務は
ココが違う!

タクシードライバーの求人への応募について

 

タクシードライバーの求人に応募するにあたって、まずはあらためて仕事の内容を理解しておきましょう。 一般的に「流し」といわれている路上での乗降や駅、病院、特定施設などでお客さんに乗ってもらい目的地まで運転してお届けすることが仕事であることはもちろんなのですが、 その際の接客も非常に重要です。
感じの良い声と笑顔でお客様に応対することができますか?
酔ったお客様につまらないことを言われても多少のことは我慢できますか?
どんな仕事も頑張りと忍耐が必要です。この仕事をするうえで、もっとも重要でもあり、単純ですがこれだけできればまず大丈夫です。応募する前によく考えてみましょう。

 

必要な資格は「第1種運転免許」

実際に、タクシードライバーの仕事をするにあたって第二種運転免許が必要であることはわかっておられるかと思いますが、応募する時点では持っていなくて構いません。 未経験の方はまず持っているわけがないのですから、「未経験歓迎」を謳っている以上は当然のことです。多くの場合、採用されて入社してから会社の負担で自動車教習学校に通い、2種運転免許を取得することになります。 しかし、普通自動車一種運転免許は持っていないといけません。そして、取得してから3年が経過していることが必要です。第1種運転免許はおそらく、ほとんどの方がお持ちですのでそれほど厳しい条件ではありませんね。

重要なのはやる気と姿勢

 

応募後、面接でまずは勤務地や時間など諸条件が合うかどうかが聞かれます。 そして、条件があった上でどれほど「やる気」あるのか。そして、接客に向いた「態度」であり、人柄なのかということが見定められます。 ここが会社によっての基準はそれぞれなのですが、採用か否かを決める上での最重要項目となります。 身なりを整えて、しっかりとやる気をアピールして、接客も大丈夫であることを印象づけるようにしてください。

気になる給与体系は「歩合給」

 

タクシードライバーの求人情報を見ればお分かりいただけるですが、給与体系はほとんどが歩合給となっています。 会社によってやや異なりますがおおよそ月間の営業収入の55%から65%程度が総支給額となっています。 今まで会社勤めをしていて、年功序列で給料が上がってきた人にとっては少し大変かもしれません。 しかし、見方を変えれば成果を出せばそれに応じてきちんと明確な計算を下に給料が支給されるのですから、やる気を出して頑張れば良いのです。 20代の若者であっても、60代の高齢者であっても歩合給であるため、稼ぐ人は600万円やなかには800万円を稼ぐ人もいます。実は、年齢・性別や学歴も関係なく高収入を目指せる魅力のある仕事なのです。

実際にどれほどの収入なのかデータを見ておきましょう。

【参照】全国ハイヤー・タクシー連合会 平成29年タクシー運転者の賃金・労働時間の現況

ご応募の際はタクQにお任せ下さい

 

まだ、タクシードライバーの求人へ応募してみようか、迷っていますか?転職を考えている方であれば、悩むのも迷うのも当然です。 心配や不安なことだらけのはずです。最初はほとんどの方がそうです。タクQでは、就職相談窓口をご用意しています。 見て考えているだけでははじまりません。思っていることをすべて質問してください。業界を熟知した面談担当者がすべてお答えします。そして、決心ができましたら相応しい会社をご紹介させていただきます。 また、入社後もしっかりと稼げるようにフォローさせていただきます。どうぞご安心ください。ご要望も不安な点もすべてタクQにお任せ下さい。
また、タクQでは独自に入社された方には、入社祝い金10万円を支給しています。 直接、会社に問い合せて説明会へ参加したり、面接の問い合せのときには、必ず「タクQ」の紹介及び見てご連絡しましたとお伝えください。 会社への連絡の後ですと、「入社祝い金」の支給ができなくなりますのでご注意ください。

【お申し込みはこちら】【タクQ】 無料転職相談

 

▲東京23区でのタクシー乗務はココが違うへ戻る

執筆・監修 株式会社しごとウェブ
 タクQ 編集部

転職のご相談・求人情報の
お問い合わせ