検討中 0 閲覧履歴 0

高収入の夢をタクシーの仕事で実現
2020.01.19 最終更新

高収入の夢をタクシーの仕事で実現

 

タクQをご利用頂いて、タクシー会社へ就職し高収入の夢を実現するために毎日笑顔で頑張っている20代の声をお届けします。以下のように近況を報告いただきました。
(名前とタクシー会社名、顔写真は伏せることを条件に掲載することを了承いただきました。)

【参考】タクQを利用した方の声を掲載 利用者の声

 

必ず、タクシーで高収入の夢を実現します!

 

埼玉県川越市 男性28歳

私は高校を卒業してから特にやりたいと思える仕事があったわけではなかったため、すぐに自宅から近いパチンコ屋の店員として就職しました。 それから、月収24万円ほどの派遣社員に転職し、5年ほど勤めたのですがこの頃からもっと稼げる仕事はないものかと考えるようになりました。

当時の年間収入は、季節の繁忙期の残業代含めて300万円強の総支給額です。当然のように税金等を引かれると手取りで18万円前後で家賃を支払うと生活費がギリギリになる毎月の生活です。 そのため、余裕などは全くありませんでした。そんな私でしたが、これからの明るい将来に向けたあるビジョンを描いていたのです。しかし、その私の夢は、月収24万円の現状では叶えられるようなものではありません。

【この記事も読んでみよう】
派遣プログラマーからタクシー運転手に転職

もっと稼げる道を探すことにしました

実現することを目指すならば、もっと稼げる道を探すしかありません。 そのため休みになるたびに、家にこもりインターネットで世の中の仕事と収入について研究するようになっていました。 タクシー乗務員になってみようと思ったきっかけは、たまたま見ていたウェブサイトで稼げる職業についての解説を見てしまったことです。

世の中のおおよそどんな業界にもいえることなのですが、職業ごとの平均収入にはまったくといっていいほど意味がありません。 なぜなら、底辺の収入と上位の収入では天と地ほどの開きがあって、業界のトップに君臨するような一部のプレイヤーが平均値を押し上げているからです。 わかりやすく言うなら、プロ野球もトッププレイヤーは年収3億円や5億円ですが、万年2軍のプレイヤーは年収400万円ほどです。

成果によって得られる仕事というのはこれだけ大きく差が開くものであり、自分の成果以上の報酬は得られないのが当然ともいえるでしょう。 しかし、見方を変えてみれば、それだけの能力さえあれば高い賃金が見込める仕事でもある、ともいえるはずです。

ご参考までに、タクシ-運転者(男)の賃金・労働時間(平成29年)によると平成29年時点では、東京都のタクシー運転手の賃金は 年間で推計418万円となっています。
【参照】全国ハイヤー・タクシー連合会 平成29年タクシー運転者の賃金・労働時間の現況

高収入を実現するためにタクシーの仕事を選びました

なにがなんでも夢を実現するために高収入を稼ぎたい!と思っていた私は、歩合給で年収800万円を目指すことができるというタクシー乗務員の仕事を選びました。 若いということと、きちんと自動車の普通免許を持っているということで、すぐに採用されて転職することになりました。
しかし、いざタクシー乗務員として業務に就いてみると、初乗務から1か月は想像以上の苦労がありました。

当初は慣れないこともあり、当然、時間を効率的に使うことができず、なかなか成績は上がりませんでした。 他の先輩ドライバーの営収の平均にたどり着いたのは、2か月後ぐらいのことでした。

先輩ドライバーが教えてくれたアドハイスを基に、流す道を選んで、こちらがお客を選べるようになると乗務も次第に楽しめるようになりました。 さらに、余裕が出てくるとお客様に世間話も振れるようになり、何気ない会話の中でその日営業しやすい地域のヒントを得られることがわかりました。

【参照】タクQ タクシーってこんなお仕事です! タクシー乗務員の給料についての解説

ついに月給35万円を超えました

目標としていた月給35万円を超えたのは、タクシードライバーになってから4か月目のことでした。給料明細を見て、「諦めなくてよかった!」「転職して良かった!」「自分にもやれた!」と思わず涙が出そうなくらい感動してしまいました。 それからは道も大抵の道を覚えることで、自信にもつながり営業収入も比例して上がってきています。

先輩ドライバーの中には、私の倍額近く稼ぐ人もいるようです。上には上がいますから、稼ぐ人は本当にすごいですね。

まだまだ、自分の収入は伸びると思います。必ず、高収入を稼いで夢を実現する!それだけを念じて頑張り続けていきます。 まだまだ稼ぎます。転職を成功に導いていただき本当にありがとうございました。感謝しています。

【参考】全国ハイヤー・タクシー連合 平成29年タクシー運転者の賃金・労働時間の現況

面談担当者より

 

F.Dさんは若いながらもこれから将来のビジョンをきちんと描き、そのための資金作りにとタクシー乗務員の仕事を選んだ方です。 稼ぎたいという明確な意思を持って転職されたので、そのために日々コツコツと努力をされているようです。

最終的に、結果を出し続けることが出来る人というのはまさにこういう人です。妥協せずに毎日、努力を継続し、満足することなく技量の向上を求めることができるというこれも一種の才能です。 なにがなんでもという想いがあるからこそ、ここまで動かしているのでしょうね。本当に頭が下がります。

F.Dさんのような素晴らしい逸材をご紹介できたことを私自身も誇りに思います。会社にも徐々に認められることでしょう。 なにもいうことはありません。今のまま頑張り続けて夢を実現してください。応援していますよ!!

【この記事も読んでみよう】
出稼ぎで東京のタクシー会社で働いてます

▲転職体験談TOPへ戻る

執筆・監修 株式会社しごとウェブ
 タクQ 編集部

転職のご相談・求人情報の
お問い合わせ