1. タクQ > 
  2. タクシー業界用語辞典 > 
  3. 構内権の意味

求人情報毎日更新 2019/07/18 NEW!

タクシー業界用語辞典

初めて聞くと戸惑うことも多い、タクシー業界の用語を解説しています。


タクシー業界用語で「構内権」の意味について解説します。

構内権とは、構内で営業する権利のことです。各駅の構内で営業するには使用権や電鉄会社による営業許可が必要になっています。

駅の大きさや規模によって、会社が駅に権利金を支払うことで許可をもらっています。一般的には、駅が会社を指定し営業権利金をとり営業許可を与えています。それにより、もちろん構内に入れないタクシー会社が出てきます。

また、駅によっては時間帯によるタクシー会社の台数を制限していることもあります。ただ、最近では、このような制限というのは不公平感があるために見直すべきという見方もされています。

やはり、駅で付け待ちというのは、お客さんを拾うための手堅い営業方法であるため、このように権利争いがあるようです。どこの業界でもあることですから、あまり気にせずに日ごろの業務に励んでください。



大きいタクシー会社では、構内権を確保してくれていたりもしますが、小さい会社では難しい場合もあります。そもそも、稼ぐタクシードライバーは流しでの営業でよいお客様を拾うことによって効率よく稼いでいるので付け待ちをすることはそれほどよい営業方法でもなくそれほどこだわるものでもないのかもしれません。ぜひ、流しの営業をしっかりとできるようになってください。



タクQタクシー業界用語辞典では、わかりにくい業界用語を解説しています。


タクQだからこその強力なサポート

業界トップの支給額『入社祝い金』、地方から上京の方に『旅費の支給・電話面接』、『業界を熟知』した転職コンサルタントが対応

稼げるタクシー乗務員の実践的な営業ノウハウをお教えします。高待遇と高収入を実現する、満足な環境の会社をご案内します。

タクシー会社への転職を”全力で”成功に導きます

無料転職支援サービス

無料転職支援サービス メールでのご相談はこちらから 入社祝い金を支給

LINEでもご連絡下さい♪

友だち追加

PAGE TOP