1. タクQ > 
  2. タクシー業界用語辞典 > 
  3. 営業キロ収益の意味

求人情報毎日更新 2018/12/31 NEW!

タクシー業界用語辞典

初めて聞くと戸惑うことも多い、タクシー業界の用語を解説しています。


タクシー業界用語で「営業キロ収益」の意味について解説します。

営業キロ収益とは、営業キロ収益=タクシー走行キロ=実車キロ+空車キロ の数式で算出されます。

実車とはお客様を乗せている状態のことです。総売上÷実車キロ=営業キロ収益一キロ当たりの収益を表す数値となります。

運賃が高ければこの数値は上がり、深夜は割り増しが働くためさらにその分高くなります。そのほか信号や混雑でスピードが10km以下になると、時間でメーターが働くのでキロ当たり数値は基準値よりも高くなります。



要するに、一番大事なのは稼働率である実車率を上げることです。空車にしておく状態がなんの収益にもならないもったいない状態となります。もっとも効率の良い営業方法は、着地からもお客様を拾うことです。そうすると無駄のない営業となるでしょう。自然と実車率も上がり、営業キロ収益も上がることになります。そのような営業ができるようになるには経験を積むことと、日々の下調べなどでお客さんをどのように拾うかを研究することです。どの仕事でもそうですが、このような努力が一番大切なのですね。



タクQタクシー業界用語辞典では、わかりにくい業界用語を解説しています。


タクQだからこその強力なサポート

業界トップの支給額『入社祝い金』、地方から上京の方に『旅費の支給・電話面接』、『業界を熟知』した転職コンサルタントが対応

稼げるタクシー乗務員の実践的な営業ノウハウをお教えします。高待遇と高収入を実現する、満足な環境の会社をご案内します。

タクシー会社への転職を”全力で”成功に導きます

無料転職支援サービス

はじめての方へ

タクQでは使える機能が満載

求職者登録
無料転職支援サービス 入社祝い金を支給 会社説明会 開催予定 タクQご案内動画 東京23区でのタクシー乗務 転職体験談 よくある質問 お金と仕事に関する意識調査

注目の求人情報

千葉エリアから東京都心として通勤便利な営業所です。入社祝い金20万円支給。

求人情報を登録されたい企業様 タクQ 業界用語辞典 メールでのご相談はこちらから

LINEでもご連絡下さい♪

友だち追加

PAGE TOP