1. タクQ > 
  2. タクシー業界用語辞典 > 
  3. 相手番の意味

求人情報毎日更新 2019/06/18 NEW!

タクシー業界用語辞典

初めて聞くと戸惑うことも多い、タクシー業界の用語を解説しています。


タクシー業界用語で「相手番」の意味について解説します。

「相手番」とは、相番の相手のことで、自分の次の日に車両に乗る人のことです。タクシードライバーは1台の車両を2人で管理しています。1日の勤務が終了すると点検・洗車をし、もう一人の担当に引き継ぎます。1台の車両を毎回この2人で管理し業務を行います。



「相手番」は同じタクシー車両を管理する大切な仲間であり、重要な相棒でもあります。日々の業務を円滑にするためにも人間関係をしっかりと築いて、仲良くやっていけるようにしたいですね。



タクシードライバーの仕事は基本的に、個人で行うものです。しかし、同僚となった人たちや特に相手番となった人は大切にしましょう。仲良くしておけば、まず日々の業務が楽しくなるでしょう。休憩室で話しているだけで、ストレスも発散できたりします。そして、将棋や釣り、ゴルフなど共通の趣味を持った人が必ずいます。休みの日も一緒に楽しく過ごすことができます。同じ仕事をしているからこその人間関係は大切にしておいて損はありません。必ずや生きてくるでしょう。



タクQタクシー業界用語辞典では、わかりにくい業界用語を解説しています。


タクQだからこその強力なサポート

業界トップの支給額『入社祝い金』、地方から上京の方に『旅費の支給・電話面接』、『業界を熟知』した転職コンサルタントが対応

稼げるタクシー乗務員の実践的な営業ノウハウをお教えします。高待遇と高収入を実現する、満足な環境の会社をご案内します。

タクシー会社への転職を”全力で”成功に導きます

無料転職支援サービス

無料転職支援サービス メールでのご相談はこちらから 入社祝い金を支給

LINEでもご連絡下さい♪

友だち追加

PAGE TOP