1. タクQ > 
  2. タクシー業界用語辞典 > 
  3. 端番の意味

求人情報毎日更新 2019/07/18 NEW!

タクシー業界用語辞典

初めて聞くと戸惑うことも多い、タクシー業界の用語を解説しています。


タクシー業界用語で端番の意味について解説します。

端番とは、タクシー乗り場などで一番先頭の車両になることです。韓国語に起源があり、ハナは数字の1という意味です。大きいターミナル駅などの乗り場では、結構な数が並ぶこともあります。そのようなときは、なかなか列の先頭にまで行くには時間がかかるものです。端番がくるまでの時間の過ごし方は人それぞれです。休憩時間を兼ねている方も多いですし、息抜きのために車の外に出てほかの運転手と雑談している人もいます。待ち時間をこのように有意義に使うことができれば、付け待ちもいいものです。しかし、端番となる手前あたりに来たら、すぐにでも発車できるようにしておく必要があります。



このように乗り場で付け待ちをすると、ほかの多くのドライバーも同じように待機しています。確実にお客さんを拾うことはできるのですが、待つ時間が多くなると効率はよくはありません。やはり、効率よく稼ぐためには、流しの営業を頑張る必要があるのです。大きく稼ぐ人は例外なく、流しの営業で効率よくお客様を拾っています。付け待ちは、休憩を兼ねてするくらいに割り切ると良いと思います。メインの営業方法としてはおすすめすることができません。



タクQタクシー業界用語辞典では、わかりにくい業界用語を解説しています。


タクQだからこその強力なサポート

業界トップの支給額『入社祝い金』、地方から上京の方に『旅費の支給・電話面接』、『業界を熟知』した転職コンサルタントが対応

稼げるタクシー乗務員の実践的な営業ノウハウをお教えします。高待遇と高収入を実現する、満足な環境の会社をご案内します。

タクシー会社への転職を”全力で”成功に導きます

無料転職支援サービス

無料転職支援サービス メールでのご相談はこちらから 入社祝い金を支給

LINEでもご連絡下さい♪

友だち追加

PAGE TOP