1. タクQトップ > 
  2. 仕事とお金に対する意識調査アンケートTOP > 
  3. 確実にいつかはやってくる…その時、夫婦で老後の生活費に不安ってある?

求人情報毎日更新 2019/05/16 NEW!

仕事とお金に対する意識調査

仕事とお金に関する意識調査アンケートです。実際に回答してもらいました。

夫婦で老後の生活費

確実にいつかはやってくる…その時、夫婦で老後の生活費に不安ってある?

まだ若い年代の時にはあまり考えないことかもしれませんが、自分たちが年をとった時の生活に対する不安はある程度年齢が上がってくると気になってくるものです。また年金の問題がニュースになったり不景気が続いている世の中を見ていると、老後の生活がふと心配になることもあるでしょう。そこでみんなは老後について不安感を持っているのか、今回は特に生活費に関してアンケートをとってみました。

Q.夫婦で老後の生活費、あなたは不安を感じたことはありますか?
不安である:84%
不安ではない:4%
どちらともいえない:12%

アンケート結果グラフ03

■ 調査地域:全国
■ 調査対象:年齢不問・既婚男女
■ 調査期間:2015年1月10日~1月23日
■ 有効回答数:100サンプル

年金制度を見ても不安はいっぱい…子育てやローンでお金もかかる

今回のアンケートでは老後の生活費について不安であると答えた人が圧倒的に多く84人でした。
・将来、もらえる年金が少なくなってきており、貯蓄をしなければいけないのですが、子ども二人にお金がかかり、貯蓄が思うように出来ておらず、このまま定年になってやっていけるのかといつも不安に思っています
・年金が十分支給されるかどうかも定かでないし、どんな病気やけがでお金が必要となるかわからないので、非常に不安です
・今の生活にいっぱいいっぱいで、全く貯金ができていないし、住宅ローンも無理して67まで組んでいるので、不安しかない
・やっぱりいくらかかるか分からないし、老後も収入を得られる手段を持っていた方がいいのかとも思うから
夫婦で老後の生活費が不安と答えている人の理由の一つとして、年金が十分にもらえないかもしれないということがあるようです。ニュースなどでも頻繁に話題になることもあり、やはり気になるようですね。また今の生活でもいっぱいいっぱいという人がいましたが、子育てにお金がかかったり住宅ローンを抱えていたりすると負担も大きく余計にそう感じるのかもしれません。怪我や病気で思っていなかった出費があるかもしれないという不安もあるようです。今回のアンケートでは老後の生活費について不安であると答えた人が圧倒的に多く84人でした。

若い時から備えていれば夫婦で老後の生活費に不安無し!VS若いから実感が湧かない…

一方で12人の人はどちらともいえないと答え、不安ではないという人も4人いました。
・まだまだ老後まで時間があるので、実感がわかずどちらともいえません
・今の生活が精いっぱいなので、まだ先になる老後のことまで考えている余裕がないから
・不安でないといえば嘘になるけれど、先の事考えすぎてしまって今が暗くなってしまうのはよくないと感じている
・若いうちからしっかりと貯蓄等を行っているし、それなりに退職金も期待できそうなので不安ではない
・私にとっては、日々の暮しも充実し、趣味も少しは楽しめる金額があるからです
不安ではないという人の場合、若い時から老後の備えを計算していたり、貯蓄をしっかりしているようです。またどちらともいえないという人の場合では、まだ若く老後まで時間があるので実感が湧かないという人や現在の生活で精いっぱいだという人もいました。しかしどちらでもないとしながらも、多少の不安感は感じたことがあったり不安はつきもの…と考えている様子の人もいました。一方で12人の人はどちらともいえないと答え、不安ではないという人も4人いました。

不安な世の中、頑張って備えをするしかない?

今回のアンケートでは老後の生活費に不安感を持っている人の方が圧倒的に多い結果でした。どちらとも言えないと答えた人の中にも不安感を感じたことがあるという雰囲気の人も見受けられ、ある程度の備えはしなければ…と考えている人もいました。この結果は昨今の経済状況や世の中の流れを考えると予想できた結果かもしれませんね。長い人生の中には計画通りに行かずに予想もつかないことも起こるかもしれませんし、今の生活をしていくだけでも精一杯という人ももちろんいるでしょう。しかし若いうちから老後を見据えた計画を立てているしっかり者の方を見習って、ある程度は頑張って備えをしておくのは大切なのかもしれません。

夫婦で老後の生活費が不安なら、タクシー求人で頑張りませんか。

「夫婦で老後の生活費」は必ず必要となります。考えておく必要がありますね。老後に夫婦でゆとりある生活を貯蓄だけでまかなえるという人は実際にはそうはいないようです。 では、年金と貯蓄だけで足りない分は働いて補うしかありません。東京でタクシードライバーの仕事に就けば、60歳すぎでもそれなりに稼ぐことができます。 タクQでは、待遇・条件の良いタクシー会社をご案内していますので、60歳過ぎていても働きたい方はぜひご連絡ください。

仕事とお金に関するアンケート「確実にいつかはやってくる…その時、夫婦で老後の生活費に不安ってある?」はいかがでしたでしょうか。ぜひ、ご参考にしていただければと思います。他のアンケートについてもご覧下さい。

▲仕事とお金に対する意識調査アンケートTOPへ戻る

タクQだからこその強力なサポート

業界トップの支給額『入社祝い金』、地方から上京の方に『旅費の支給・電話面接』、『業界を熟知』した転職コンサルタントが対応

稼げるタクシー乗務員の実践的な営業ノウハウをお教えします。高待遇と高収入を実現する、満足な環境の会社をご案内します。

タクシー会社への転職を”全力で”成功に導きます

無料転職支援サービス

無料転職支援サービス メールでのご相談はこちらから 入社祝い金を支給

LINEでもご連絡下さい♪

友だち追加

PAGE TOP