1. タクQトップ > 
  2. 仕事とお金に対する意識調査アンケートTOP > 
  3. あればある程良い?!老後の資金はいくら必要?

求人情報毎日更新 2018/12/31 NEW!

仕事とお金に対する意識調査

仕事とお金に関する意識調査アンケートです。実際に回答してもらいました。

老後の資金はいくら必要か

あればある程良い?!老後の資金はいくら必要?

国民年金の受給額も年々下がっており、このままだと自分たちは年金が貰えなくなるのではないのかと不安に思っている人も多いと思います。しかしながら日本人の平均寿命は上がり続け、男女ともに80歳を超えています。楽しく余生を過ごすためにも老後の資金をいかに蓄えておくかが重要かもしれません。今回は「一体どのくらい老後の資金として蓄えておきたいか」について聞いてみました。

Q.老後の資金は、いくら用意したいと思いますか?
2000万円~2999万円:32%
3000万円~4999万円:19%
5000万円~7999万円:25%
8000万円以上:24%

アンケート結果グラフ03

■ 調査地域:全国
■ 調査対象:年齢不問・未婚男女
■ 調査期間:2015年1月10日~1月23日
■ 有効回答数:100サンプル

現実的なライン??「2000万円~2999万円」がトップ!

具体的な金額では32%の人が「2000万円~2999万円」と回答し、トップの結果となりました。
・贅沢をしない最低限の生活をしていくうえで、これぐらいのお金があれば十分だと思うから。
・これくらいの額なら、これからの人生でためられそうだと思うから。
・希望としては多ければ多い方が良いが実際には厳しいと思います。
・老後も仕事をしたいと思っているし、正直長生きできる気がしないのでそこまで用意しても仕方ないと思っているから。
贅沢をするつもりもないので、このくらいの金額でという回答も多かったようです。また実際に貯めることが出来そうな金額がこのくらいという意見もありました。また子供や家族がいたり、収入が少なければ自分の老後の蓄えにばかりお金を回すのは難しいかもしれません。中には老後も仕事をしたいという人も。今の60代、70代は元気な人も多いですから、貯蓄が少なくても働くから大丈夫という発想もあるようです。具体的な金額では32%の人が「2000万円~2999万円」と回答し、トップの結果となりました。

老後の資金はいくらあれば安心!という額は人によって違う!

その他の回答は人によって金額に差が出ましが、順位ごとに並べると2位「5000万円~7999万円」25%、3位「8000万以上」24%、4位「3000万円~4999万円」19%となりました。
・ただの希望で相当無理があると思いますが5000万円くらい用意して裕福な老後を送りたいです。
・有価資産を売却して、年金をもらっても少し暮らしを維持したり、介護施設の御世話になることを考えると5000万は必要。
・老後は病気や入院など、なにが起こるか分からないので、5000万円以上は貯蓄しておきたいです
・老後の資金は、3000万円用意したいです。孫の教育費のためです。
・4000~5000万円あっても10年も経たないうちに無くなるでしょう。多い方がいいに決まってる。
「2000万円~2999万円」と回答した人に比べて、「5000万円」と回答した人は少し余裕がある老後を送りたいと考えている人が多かったようです。「介護施設の入居費用」「孫の教育費」「病気になった時の治療代」など老後の蓄えが多いに越した事はないのかもしれません。ただし、どのくらいの金額を希望するかは人によってかなり違うようです。その他の回答は人によって金額に差が出ましが、順位ごとに並べると2位「5000万円~7999万円」25%、3位「8000万以上」24%、4位「3000万円~4999万円」19%となりました。

実際に聞みてみるとやっぱり不安を感じている人も多い!

アンケート結果から、どの金額を選んだ人も老後の生活には何らかの不安を感じている人が多かったようです。しかし、せっかくなら楽しい老後を過ごしたいという気持ちもみなさん同じようでした。最近では定年後バリバリ働き続けている人も増えてきていますし、働き続けるというのも一つの選択肢です。収入があれば「老後の資金はいくら必要か」考える必要もなく、年金に対する不安も少なくなりますよね。今のうちから年を取っても続けられる仕事に転職したり、役立つ資格を身に付けておくのもいいかもしれません。

確かに不安ですね。しかし、働くことができれば老後の資金はいくらでも大丈夫です

「老後の資金はいくら必要か」本当に気になるところではあります。ただでさえ、年金が不安であるのに昨今は増税や物価上昇もあり、若い世代を中心に将来の不安が増大しているようです。 そして、貯蓄をして老後に備えようと考えている人が多いようです。ほぼ半数以上が5000万円以上の貯蓄を作りたいと考えています。 貯蓄を作るのも大事ですが、体が動く限りは仕事をしてある程度の収入を確保しておくということも大切なことだと思います。 60歳になって定年したといってもまだまだ元気で体は十分に動きます。タクシードライバーの仕事であれば、60歳過ぎてからでも未経験で仕事に就くことができます。 そして、かなり待遇・条件も良いです。老後の不安な方は、前向きに働くことを考えませんか。タクQの就職相談窓口にお任せください。

仕事とお金に関するアンケート「あればある程良い?!老後の資金はいくら必要?」はいかがでしたでしょうか。ぜひ、ご参考にしていただければと思います。他のアンケートについてもご覧下さい。

▲仕事とお金に対する意識調査アンケートTOPへ戻る

タクQだからこその強力なサポート

業界トップの支給額『入社祝い金』、地方から上京の方に『旅費の支給・電話面接』、『業界を熟知』した転職コンサルタントが対応

稼げるタクシー乗務員の実践的な営業ノウハウをお教えします。高待遇と高収入を実現する、満足な環境の会社をご案内します。

タクシー会社への転職を”全力で”成功に導きます

無料転職支援サービス

はじめての方へ

タクQでは使える機能が満載

求職者登録
無料転職支援サービス 入社祝い金を支給 会社説明会 開催予定 タクQご案内動画 東京23区でのタクシー乗務 転職体験談 よくある質問 お金と仕事に関する意識調査

注目の求人情報

千葉エリアから東京都心として通勤便利な営業所です。入社祝い金20万円支給。

求人情報を登録されたい企業様 タクQ 業界用語辞典 メールでのご相談はこちらから

LINEでもご連絡下さい♪

友だち追加

PAGE TOP