厳選した条件の良いタクシー求人は【タクQ】www.taxi-qjin.com

業界を熟知したコンサルタントがしっかりとサポートします。

アプリとビーコン端末を利用したサービス
2017年1月より、株式会社テクノビーコンは帝都自動車交通グループのタクシー向けインバウンドサービスをスタートした(対象エリアは東京都)。

このインバウンドサービスでは、株式会社情報センター出版局の訪日外国人向けアプリ「指さし会話JAPAN touch&talk」と、株式会社テクノビーコンが提供するビーコン端末を利用する。

ビーコン発信器は帝都自動車交通グループが保有する全1,057台のタクシーに搭載されている。

「指さし会話JAPAN touch&talk」ユーザーが乗車するとビーコン発信器はユーザーの端末にプッシュ通知を発信、アプリが起動するシステムだ。

起動したアプリは「目的地の指定」や「想定される所要時間・料金」などの指さし会話を表示して、訪日外国人観光客とタクシードライバーの会話をサポートしてくれる。

増加する訪日外国人旅行者
2011年以降、訪日外国人旅行者の数は増加を続けており、2016年の訪日外国人数は2400万人と過去最高を記録。JTB調査によると2017年には2700万人になると予測されている。

コスト面の課題
こうした状況を受け、ドライバーの育成や翻訳ツールの導入等の多言語対応を進めているタクシー業界だが、コスト面の課題が解消されていないのが現状。

「指さし会話JAPAN touch&talk」は60万人の外国人ユーザーがダウンロードしており、コスト面の課題の解消だけでなく、ドライバーの不安や負担の軽減、外国人観光客タクシー利用者の安心と信頼感につながることが期待されている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社テクノビーコンPRTIMES
https://prtimes.jp/